RSSはこちら

異国迷路

TERAやってます。TRPGイベやりますよ。

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2012⁄04⁄01(Sun)
  • 15:50

まずはキャラ作成だ!TERA

http://members.jcom.home.ne.jp/terakotta/archive.htm

ここに置いてある「現代 探索者シート」を使いたいと思います。
では、この探索者シートの記入方法の説明をして行きましょう。

探索者シートは、シナリオの舞台となる年代別に用意されてます。
今回紹介するものは1920年代がテーマのもの。
例えば90年代だと技能に●●が追加されたりと、時代背景にあった調整がされます。

キャラ作成に欠かせないモノ"ダイス”

キャラクター作成を含め、クトゥルフ神話TRPGでは3種類のサイコロ
(プレイ中はカッコよくダイスと呼びます)を使います。
1つ目は1~6の目がある標準的なサイコロ(6面体ダイス)、
2つ目は1~4の目がある4面体サイコロ(4面体ダイス)、
3つめは1~10の目がある10面体サイコロ(10面体ダイス)で
おもちゃ屋さんや、東急ハンズ、トイザラスなどで売ってます。
キャラ作成には6面体ダイスを3つ、10面体ダイスを1つ使います。

ダイス。これ結構高価なんですよ。調べてみるとビックリするくらいですよ。
で。ここで私は考えた。TERAのダイス機能で出来るじゃん! と。

という訳で、みなさんがキャラ作成するときは島とかに集まって分からなければ教えながら作ってもいいかなと思ってます。

では能力とかの決め方です。

まずは基本となる能力値を決めましょう。
●STR(筋力)、CON(体力)、POW(精神力)、DEX(敏捷性)、APP(外見)について、
それぞれ6面体ダイス3つを振り出た目を足した数値を欄に記入します。

●SIZ(体格)、INT(知性)は「6面体ダイス2つの合計値+6」
EDU(教育)は「6面体ダイス3つの合計値+3」を記入します。

●SAN(正気度)は「POW×5」、幸運は「POW×5」
アイデアは「INT×5」、知識は「EDU×5」の数値を記入します。

●最大正気度は<99-クトゥルフ神話技能>の欄に「99」と記入。

●耐久力は(CON+SIZ)÷2の数値を丸で囲みます。(端数切上げ)
※この耐久力が0になるとキャラクターは死亡します。

●マジックポイントはPOWと同じ数値を丸で囲みます。
※ゲームのなかにおいて、マジックポイントをコストとして支払い、
呪文を使うこともあります。まぁ 現代を舞台にしてるのでないとは思いますが、きまぐれで出すかもしれません。

●正気度ポイントはSANと同じ数値を丸で囲みます。

次は 個性の決め方です。

●職業を選択します。
  代表的な職業として、医者、古物収集家、探偵、記者、ディレッタントなどがあります。
 次にEDUを20倍にしたポイントを職業の技能へ割り振ります。(1技能99ポイントまで)

●探索者のINTを10倍して、<クトゥルフ神話>以外の個人的な興味の技能へ分配します。
 ポイントは残らず分配します。残ったポイントは無効になってしまいます。

 後は武器です。これについては 果てしない多さなので「自分はこういうものを持ちたい!」とか
 このキャラクターならこういうもの持ってるんじゃないかなぁ とかで言って頂ければ自分が厳選してお伝えします。(あまりにも時代背景にそぐわないものはきついですが)ある程度の落としどころを決めましょうw

あとは家族構成、生い立ち、現在の仕事に就いている理由などキャラクターの背景を書き加えます。


ほぼ「るるいえ庵」様の抜粋です。

こんな感じで決まってきます。とりあえず作利はじめてみないと分からないと思います。
こないだの長い文章もあわせてがんばって読んでね。

あ 今回も参考動画を。



こっちは戦闘が入っているので戦闘も魅力の一つということを知っていただきたいと思います。
スポンサーサイト
category
未分類

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。